ACNE CARE LOGO
HOME    STRUCTURE    KIND    CAUSE    CLEANSING    CHEMICAL    VITAMIN    SPOT     FQA     MAIL
     
 
01ニキビのこと
02 皮膚のしくみ
03ニキビの種類
04ニキビの原因

05 ニキビの場所

 
 
 
 
 
 

CONTENTS

 

ニキビのこと

 

皮膚の仕組み

 

ニキビの種類

 

ニキビの原因

 

ニキビの場所

 

COLUMN

 

優しい洗顔法

 

ピーリング

 

ビタミンA・C

 

ABOUT

 

ニキビFQA

 

ご意見・ご感想

 

LINKS

 

当サイトはリンクフリーです!

皮膚の仕組みについて

お肌は大きく分けて「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立っています。 それではこの3つの層について詳しくお話したいと思います。

 

表皮

表皮の厚さは約0.2mm程で、一番外側に面している角質層から、顆粒層・有棘層・基底層の4層から出来ています。

角質層と顆粒層は角層と言われていて、皮脂腺から分泌された皮脂で皮脂膜を形成して、肌の潤いを保つ役割があります。 正常な角層は4.5〜6.5PH(ペーハー)とされていて、体調不良の時や汗をかいた後に放置しておくと角層のPH値が乱れてしまい肌トラブルの原因になってしまいます。

有棘層は免疫細胞との関わりが深く第2の肝臓とも呼ばれています。基底層は表皮の4層の一番底の部分でこの基底層で細胞分裂を繰り返していて

「基底細胞→有棘細胞→顆粒細胞→角質」の順に28日周期で新しい組織に生まれ変わっているのです。この肌の生まれ変わりのことを一般にターンオーバーと呼んでいます。

そして、忘れてはいけないのがシミの原因になってしまうメラノサイトが存在するのもこの基底層なのです。


 

真皮

真皮は表皮の下層に位置していて、厚さは約2mm位になっています。真皮は主にコラーゲンとフィブリンから作られていてお肌の弾力性を保ってくれる役割をしてくれます。年齢と共に真皮のコラーゲン量は低下していきます。真皮のコラーゲン量が低下してしますと肌の張りがなくなって肌がたるんだりしてしまいます。

真皮には毛包や皮脂腺、汗腺など肌の健康を保つための重要な器官が多く存在しています。それだけに、ニキビの悩みとの関わりも大きいようです。 ニキビの炎症によって真皮層まで肌を傷つけてしまうと回復は非常に難しくなり一生ニキビ跡がってしまうこともありますから毎日の正しいスキンケアを心がけてニキビの出来にくい肌にしていきましょう。そして万が一ニキビが出来てしまっても重症化させないようにしたいものですね。

美容外科のニキビ跡治療方法として代表的なピーリング・レーザー・グラインダーなどではこの真皮を意図的に傷つけて、その傷が治る過程を利用してニキビ跡を改善するという手法があります。そして、ニキビ跡治療で安全に削れる範囲が決まっていて真皮上層である0.3mm位までとされています。


 

皮下組織

皮下組織は真皮の下層にあって皮膚の最も底に位置しており、別名「脂肪層」とも呼ばれています。皮下組織は厚さ約4〜9mm程度で脂肪層とも呼ばれることより、主に脂肪から出来ている層で体の体温を保つ役割をし、外部からの衝撃を和らげてくれる働きを持っています。
この皮下組織には皮下組織内を皮静脈、皮神経が通っており、肌の色つやや透明感に大きく関わりがあります。 一般的に言われる「皮下脂肪」とはこの部分を指しています。

Valuable information

最終更新日:2014/11/13

Copyright-2008 ACNE CARE All rights reserved.